引っかからないために|エレベーターのメンテナンスは安全な業者に依頼しよう!
男性と女性

エレベーターのメンテナンスは安全な業者に依頼しよう!

引っかからないために

模型

自動車に車検があるように、エレベーターには定期点検というものが存在します。建築基準法、もしくは労働安全衛生法に定められた義務事項となっています。人を乗せて別の階に運ぶエレベーターは、常日頃から同じ品質をキープしているわけではありません。映画さながらの落下事故を引き起こさないために、年に1回程は問題がないか隅々まで確認しておかなければならないものです。年に一度の義務事項であるエレベーター点検は、できるだけ安心して依頼ができる業者を見つけ出したいものです。しかし、事前に業者選びの方法を知っておかなければ、悪徳な業者に引っかかってしまう可能性があります。全部が良心的な業者とは限らないので、悪徳な業者に引っかからない方法を説明します。

まず、複数のエレベーター点検業者に見積もりを請求した場合です。変に安い料金帯を提示してくるところには注意をした方がいいです。安い価格のところは、経費を節約できるという魅力を感じてしまいますので、ついつい依頼をしたくなります。いざ、作業になったら後々になって追加作業に伴う料金を提示してくる場合があります。最終的に作業が完了した時点で、他の業者の見積もりと比較したら、ほとんど大差ないか若干高い費用がかかっていたというオチになることもあります。できるだけ、初期の見積もり時点で、変に安い価格のところは依頼候補から外した方が健全です。一般的な相場価格をチェックした上で、口コミなどで信頼できるかを把握しておけば良心的なところが見つけやすいです。